ルートネットフロートシステム

汚れた湖沼・河川の水を水道2級まできれいにします

植物の根の力で、汚れた湖や川を蘇らせます。
網状構造体を水面に浮かべ、植物を育て群生させ、根を網状構造体に絡ませ、根の力と周辺に生きる微生物と根の濾過効果により自然の力で水質を浄化します。

浄化のメカニズム

従来の土壌を用いた浮島式植物浄化方法は、土壌が汚泥へと変化して水を汚してしまいます。
また、ヤシ殻培地体を用いたものでは腐食により崩れて植物が吸収したリン・窒素を再び水域に戻してしまい問題があります。「カムイ網状構造浮島工法」は、植物培地体として網状構造体を用いることでその網内部に繁茂した植物の根による濾過効果と、根からの栄養塩の吸収や、根周辺で形成される生態系による自然浄化との相乗効果で、最も効率よく水質を浄化させることに成功しました。

水質浄化事業を行っています

地元標茶高校の協力を経て、ルートフロートシステムによる水質浄化事業が進行中です。地域に生息する植物の中で、最も効果的な植物は何かを研究する植生実験を行っています。

植物を網状ブロックで育てると、驚異的な浄化能力を発揮します

植物名 1㎡あたりの吸収量
窒素(N)
g/㎡/育成日数
リン酸(P2O5)
ツーテンプル 37.67 7.96
ミズヒマワリ 89.31 11.56
ルドウィジア・
サンフランシスコ
97.93 19.00
ルドウィジア・
ナタンス
24.94 6.32
オオフサモ 19.01 3.74
クウシンサイ 19.16 6.72
ハイグロフィラ 12.38 1.51
マコモ 0.06 0.01
ウォーター
マッシュルーム
2.98 0.62
ヨシ 1.67 0.22
ルドウィジア・
オバリス
17.70 3.77
ミント 0.17 0.02
ロタラ 9.65 1.82
クレソン 2.52 0.70
サウルルス 1.18 0.12
ウォーター
ウィステリア
5.89 5.89

設置日/平成13年6月26日~刈取日/平成13年11月13日)

家畜糞尿処理の実験も進行中

標茶高校の協力を経て、バイオによる特殊活性酵素を使った家畜糞尿処理の実験を行っています。

Page Top